m字ハゲにはaga治療薬のプロペシアが効果があります

薄毛の種類の1つとして、m字ハゲと呼ばれているものがあるのを知っている人もいるでしょう。
m字ハゲはagaを発症しているときの特徴として有名なもので、自分の薄毛のタイプがm字ハゲだと感じているときには、専門治療を行っているクリニックに行くことがおすすめです。
なぜなら、薄毛の原因がagaであるときには、食生活や生活習慣の改善、ストレスが溜まっていることや、睡眠不足などが原因で起きる薄毛とは異なり、男性ホルモンが関係していることが解明されているからです。
男性ホルモンと還元酵素が結合することで、薄毛になりやすいヘアサイクルを乱すDHTというものが生成されます。
このDHTによって髪の毛が細く弱くなってしまいますので、専門のクリニックを受診することでaga治療薬を使った治療を受けることが効果的となります。
海外の医薬品メーカーによって開発されたaga治療薬として、プロペシアというものがあり、経口タイプの薬となります。
毎日服用を継続することで、薄毛の原因となっているDHTの生成をしてしまう還元酵素の働きを阻害することが可能です。
プロペシアは一般的なドラッグストアや薬局で販売されているものではありませんので、専門病院に行って医師に処方してもらう必要があります。
aga治療は自由診療ですので保険の適用対象外となるために、プロペシアの処方について健康保険証を提示する必要はありません。